低収入夫婦の家計簿【実践編】封筒分け家計簿で家計管理をかんたん仕組化!

くらし

こんにちは!ちゃんみです。

前回は家計管理のために毎月の予算の組み方とその予算内で生活をする工夫についてお話しました。


今回は低収入夫婦が実践している、封筒分けを使った毎月の予算の管理方法についてお伝えしたいと思います。

この記事を読んでわかること

・クレジットカードを使った仕組化された家計管理のやり方

・家計管理で気を付けるべきポイント

・封筒分け家計管理のやり方

・封筒分け家計管理で実際に使用しているグッズ

前回の投稿を踏まえて書いておりますので、前回の投稿を読んでない方は読んでからの方がわかりやすいと思います^^

前回の投稿はこちら↓

スポンサーリンク

お給料が入ったら封筒分けする

まずは我が家のお給料が入ったあとのお金の流れについて。

ちゃんみ家の家計管理の流れ


解説していきます。

二人のお給料をひとつの家計管理用の口座にまとめるところからスタート。

家賃などの固定費はその口座から引き落とされるようにしています。

食費・日用品・特別費(医療費含む)・交通費などの変動費は予算分を一括で引き出して封筒事で分けて管理しています。

お札だけでは困ることもあるので、各項目から少しずつお金を集めて両替して小銭も用意するようにしています。

基本的に口座からお金を動かすのは月初めと月末の2回だけ。

では、続いては月初めと月末、それぞれやっていることについて紹介します。

月初めにやっていること

まず、毎月最初のお休みにお互いの給与口座から決まった金額を家計管理用の口座に入金します。

そこから先取貯金・お小遣い・変動費をおろします。

先取貯金は専用の口座へ、お小遣いは旦那さんと私それぞれの財布にしまいます。

変動費は食費・特別費(医療費を含む)・交通費・日用品の4つに分けて項目ごとに封筒に入れます。(下の写真参照)
小銭もあった方が便利なので、各項目から少しずつお金を出して小銭も12,000円分用意しています。

我が家では支払えるなら必ずクレジットカードで支払うようにしています。

クレジットカードにはポイント還元があるので少しでもポイントを貯めてお得に買い物をすることを意識しています。

仕分け用の封筒

このように、食費・特別費・交通費・日用品は封筒を2枚ずつ用意します。
茶色のラベルの封筒は家計管理用口座からおろしてきたお金(予算)を入れておく封筒、
グレーのラベルの封筒はカードで払った金額を入れておく封筒です。

≪例≫
スーパーで食材をクレジットカードを使って2500円分買った場合

【食費】の茶色の封筒から2000円、小銭入れから500円出し、グレーの封筒に移動する

※レシートは月末にチェックする際に使うので茶色の封筒に入れて保管します。

予算から実際使った金額分を別の封筒に移動させることで、使った分だけ予算からお金が減るようにし、使いすぎを防止しています。

月末にやっていること

月末に食費・特別費・交通費・日用品それぞれの項目の茶色のラベル(予算)の封筒に入っているレシートの合計金額と、グレー(カード利用分)の封筒の中身が一致するかを確認しています。

細かく完璧にしようと思うとしんどくなってしまうので、多少誤差があったとしても、だいたいあっていればOKにいています。(笑)

最後に、グレー(カード利用分)の封筒の中のお金は、クレジットの引き落としがある家計管理用の口座に戻しています。

余った予算はやりくり用の口座にプールし、帰省やお祝いなどの特別出費はこのプールしている口座から出すようにしています。

気を付けているポイント

Ponto1.キャッシュカードは最低限しか持たない

キャッシュカードはやりくり用の口座分しか持たないようにしています。
安易に使ってしまわないように、給与口座・先取り貯金用口座・家計管理用のキャッシュカードは一括でまとめて保管して必要なときだけ持ち出すようにしています。

Point2.カードで支払った分は予算と分けて管理する

クレジットカードは使った(お金が減った)実感がないので、ついつい使いすぎてしまいがち。

なので封筒を茶色とグレーのラベルでしっかり分け、お金を移動させることで使った実感を持つようにしています。

Point3.毎月一回振り返る時間をつくる

月末にいくらくらい使ったか、無駄遣いはなかったかを振り返るようにしています。

旦那さんは家計管理には基本的にノータッチですが、今月は予算達成できたかどうかや、どのくらい余裕があったかなどを報告して現状を把握してもらうようにしています。

ちなみに、『出費が多い=悪』ではないと私は思っています。

例えばロボット掃除機を購入するとして、価格は高額ですが、その分掃除に費やす時間が減るのでその時間をスキルアップの時間に充てるとします。

何かスキルを身に着けることができれば、その分仕事が増えて収入も上がるかもしれません。

初期投資のコストは高くても、身に着けたスキルは一生ものになりますし、そこから新たな世界が広がるかもしれません。

まさに、タイム・イズ・マネーですね◎

つまり、生活を向上させる出費については多少金額が高くてもそれ以上の価値がある場合があるということです。

少し話が逸れましたが、毎月現在の状況を把握し反省点はないかを確認し、見つけた反省点は次に生かせるように改善策を考える。

ここまでやって振り返りは完成です。反省点を見つけても改善策まで考えないとまた同じことの繰り返しになってしまうのでどんな小さなことでもいいので改善策は考えましょう。

それと同時にしっかりやりくりできたら「よく頑張りました!!」と頑張れた自分を褒めるようにしています^^

使用している家計管理グッズ

最後に私が使用しているやりくりグッズの紹介です。

封筒をつかったやりくりは無印のパスポートケースを使うのが有名ですが、私は全て100均で用意しました。

電卓は学生時代に使っていたものをそのまま使用しています。封筒、封筒入れ、小銭入れ、電卓全て100均で揃えることができます。

家計管理グッズ

やりくりグッズを揃えたときに、このやり方が自分にしっくりくるかわからなかったのでお金をかけずに用意することに重きを置いて選びました。
でも、毎日使うものなので使い勝手の良いものや、使っていてテンションのあがるものを用意してもいいのかなと思います◎

私は家計管理頑張るぞ!と決意を持ってお財布を買いにいきました。

使い勝手がよくてテンションが上がるものを!と思い、イルビゾンテを選びました。

小銭もカードもしっかり入る上に、三つ折りなので仕事用のかばんに入れてもかさばらないことも気に入っていて、。大切に長く使って革の変化を楽しみたいとおもいます^^

まとめ

いかがでしたか?


月初めにお金を移動させるなど少し手間はかかるところもありますが、予算を意識することで無駄遣いを防止しつつ、クレジットカードでポイントを貯めてやりくりを楽しんでいます♪

大切なのは自分のなかでしっかり仕組みを作ることです。

そして、自分の中で仕組化してしまえばあとは続けていくだけです!

みなさんのお役に立てれば幸いです^^

\ こちらもあわせてご覧ください /

この記事を書いた人

某カフェチェーンで働く関西在住、1994年生まれの新米主婦です^^
私自身が困ったり不安になったこと、やってみて使ってみて良かったものを中心に、やりくり・結婚式準備・妊活・時々コーヒーに関して「これ便利!」、「そんなん知らんかったわ!」な情報をお届けします!

ちゃんみをフォローする
くらし
スポンサーリンク
ちゃんみをフォローする
にほんブログ村
ちゃんみの備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました