主婦必見!モーニングルーティンの決め方 朝活で家事を効率的に終わらせよう!

くらし

こんにちは!ちゃんみです。

主婦になって最初に感じたことそれが、

生活リズムが掴めない!家事が終わらない!心の余裕がない!

同じような悩みを感じているそこのあなた!

家事はできるだけ効率よく終わらせて、余裕を持って生活したいですよね。

結婚当初は早起きして家事頑張らないと!と意気込んで頑張ってみたものの、全然終わってないのにもう家を出る時間。家を出た後にゴミの出し忘れに気づいたり…なんてことが日常茶飯事でした。

疲れているなか早起きしているのに、やること終わってないし忘れてる。

なんて非効率!!!!

ちゃんみ
ちゃんみ

ゆっくり寝たいし、家事もしっかりこなしたい…

そこで私が取り入れたのがモーニングルーティン

家事をルーティン化して、効率よくやろうという作戦ですが、これが大成功!ゆっくり寝ることができて、家事もすべて終わらせてから家を出ることができるようになりました。

今回は、モーニングルーティンの決め方についてご紹介です。朝活で家事を効率的に終わらせて最高の1日をスタートさせませんか?

記事の後半では、モーニングルーティンのメリット&デメリット、実例を紹介してますのでぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること

・モーニングルーティンの決め方

・モーニングルーティンのリット&デメリット

・実際のモーニングルーティンの例

スポンサーリンク

モーニングルーティンとは?

モーニング=朝、ルーティン=日課、決まりきった仕事

つまり、『朝やる日課』のことです。

ルーティンについては、元野球選手のイチロー選手がバッターボックスに入る時に屈伸しピッチャーに対してバットを立てたり、ラグビーの五郎丸選手がゴールキック前にやる動作が有名ですよね^^

私は運動音痴でスポーツとは無縁ですが、決まりきった朝やる習慣のモーニングルーティンは自分のペースがほしい私にとっては魅力的な言葉でした。

モーニングルーティンの決め方

まず、モーニングルーティンを決めるにあたって下記の手順で考えていきます。

Step1.必要なことを書きだし、可視化

まず、やらなければならないことの棚卸をします。

この時、気を付けるのは毎日繰り返えしたいことは細かいところまで書き出します。

例えば、トイレに行くや、サプリを飲むなど些細なこともとにかく書き出します。

Step2.何時までに終わらせないといけないかを把握する

出勤時間や登園時間など、書き出したことを終わらせたい時間を設定します。

Step3.それぞれの作業に何分かかるかを把握する

書き出したやらなければならないことに対してどのくらいの時間がかかるかを書きだします。

10秒単位で!なんて細かいことは考えず、余裕をもってざっくりした時間で大丈夫です。

例えば、着替え→10分、洗顔→5分など。

Step2で決めた時間から、今書き出したトータルの時間を逆算した時間が起床時間の目安になります。

Step4.順番を決める

洗顔など起きて一番にやらないと気持ち悪いなと感じることや、お弁当作りなど早めに終わらせなければならないことなど、優先順位の高いものから順番を組み立てていきます。

優先順位が同等の時、私は基本的に嫌なことからやるようにしています。

嫌なことを後回しにして、もし出勤時間に間に合わなかったときにそれは余計気分が沈みませんか?

私はお風呂掃除が嫌いなので、コーヒータイムの前に済ませるようにしています(笑)

あとは、洗顔とケトルでお湯を沸かすなど、同時進行できるものはできるだけ同時進行を心がけます。

実際の私のモーニングルーティン

現在の私のモーニングルーティンです。

6:00 起床、洗顔・歯磨き・着替え・お白湯を飲む

6:15 洗濯物を片付ける

6:30 お弁当作りスタート

6:45 プチ掃除タイム(お風呂掃除やゴミ出しの用意など)

7:00 コーヒータイム(自由時間)

7:45 旦那さん起床、夕飯の下ごしらえスタート

8:15 旦那さんの朝ごはんづくり、出勤前の化粧

8:30 出勤

慣れるまでは1か月くらいかかりました。

慣れるまでは紙に書きだして順番や時間を意識してました^^

↓実際一番最初に書きだしたやることリスト

ざっくり忘れないようにやることだけを書き出して時間を決めたりはしていませんでした。なので最初は時間が足りない!なんてことも多々ありました^^;

何回か修正を加えて現在の形に落ち着きました。

今、心がけているのはできるだけ休みの日も同じように過ごすこと。

休みの日くらいゆっくり寝たい気持ちもありますが、生活リズムを崩すと翌朝がもっとしんどかったり、やり残しでモヤモヤした気持ちで休みの日の朝を迎えたりしたくないので・・・頑張ってます!

どうしても眠い時はルーティンが終わってから2度寝してます。(笑)

メリット

一番は、やり残しがなくなって自分の時間をしっかり確保でき、心に余裕ができたことです。

慣れるまでは1か月くらいかかりましたが、今は心の余裕ができて、日々の生活にもゆっとりができた気がします。

デメリット

私自身あまりデメリットは感じたことはありませんが、寝坊したときは絶望的な気持ちになります。(笑)

そんな時は泣く泣く自分の時間は朝ごはんを食べるなど最低限にして、そのあとのことを優先させるようにしています。

少し話は逸れますが、このモーニングルーティンの話をすると、それ1日決めてやった方が効率よくない!?と考える人もいます。

ですが、1日中ルーティンに縛られてしてしまうと、イレギュラーに対応しにくかったり、毎日が単調な繰り返しになってしまい、返って心の余裕がなくなってしまうので、私はおすすめはしません。

あくまでも、いそがしい朝の時間だけに限定するのがいいと思います。

結論:モーニングルーティン決めてよかった!

慣れるまでは1か月くらいかかりましたが、ギリギリまで寝ることができて、やり残しもなくなり、ゆっくりコーヒータイムができるようになりました。

それぞれの家族構成やライフスタイルによってやることや優先順位は異なると思いますが、あなたもぜひ、モーニングルーティン取り入れてみてください!

みなさんのお役に立てれば幸いです^^

\ こちらもあわせてご覧ください /

この記事を書いた人

某カフェチェーンで働く関西在住、1994年生まれの新米主婦です^^
私自身が困ったり不安になったこと、やってみて使ってみて良かったものを中心に、やりくり・結婚式準備・妊活・時々コーヒーに関して「これ便利!」、「そんなん知らんかったわ!」な情報をお届けします!

ちゃんみをフォローする
くらし
スポンサーリンク
ちゃんみをフォローする
にほんブログ村
ちゃんみの備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました